ホーム > 質屋の仕組み > 04. モノの価値って?

質屋の仕組みPAWN SHOP

モノの価値って?

モノの価値を判断する=モノに値段をつけるのは、本当に本当に難しいんです。毎日いろんなモノをお預かりしますが、次々と新商品がでてくるので、それがUSED商品としてどれだけの需要があるのかを常に考えながらお値段をつけさせていただいております。
一昔前までは質屋さんに持ち込まれる商品でダントツに多かったのは着物でした。
当時は今ほどモノが溢(あふ)れていませんでしたし、USEDの着物でもかなりの需要がありました。しかし、今は着物を着るのはお正月や成人式、結婚式ぐらいですし、新品でもお手頃な値段で買えるようになったため、USEDの着物の需要はほとんどありません。ですから、当時かなりの金額を出して購入した着物も、今となっては二束三文になってしまいます。それにデザインにも流行がありますしね。
流行とは恐ろしいもので、半年前なら3万円の価値がついた商品が今なら1万円ということもしばしばです。

モノの価値を正当に判断するために、私たち質屋さんは日々勉強しています。ファッション雑誌や時計雑誌などに目を通し、流行に敏感であるように心がけています。また宝石に関しては「宝石鑑定士」の資格を持つ質屋さんも多いのです。(ちなみに私も持ってます)
もちろん、偽造品のことを研究したり、質屋さん同士の情報交換を盛んにするなど、正しくモノの価値を判断できるように努力しています。

CATEGORY MENU

01. 質屋さんってどこにあるの?

02. 質屋さんって何してるの?

03. 質料って?

04. モノの価値って?

05. ネット上から質の申込みはできるの?

06. どんなものを持っていけばいいの?

07. 買取りはしてくれるの?

08. 商品以外に必要なものは?

09. USED品が買えるの?